Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
OTHERS
Timestageのメンバーが、歴史にまつわる雑談を気まぐれに語っていくブログ。
<< 金時豆と金太郎の密接な関係 | main | 新撰組+ロボットSF=『銀河烈風バクシンガー』 >>
和歌山市駅周辺を盛り上げるキャラクター「まごりん」
弘中勝です。

和歌山県和歌山市の市街地に初めて来た人がつい間違ってしまうのが、駅。「和歌山駅」と「和歌山市駅」という二つの駅があることに混乱してしまうのです。市民の皆さんは、和歌山駅を「和駅」、和歌山市駅を「市駅」と呼んで区別しているようです。

さて、その「市駅」こと和歌山市駅周辺にある「和歌山市駅前中央商栄会」「市駅東商店街」「市駅さくらモール」などの商店街が、「まごりん」というキャラクターで街を盛り上げようとしています。「まごりん」はこんなキャラクター。



この「まごりん」は何者かと言うと、石山合戦などでその名を挙げた鉄砲集団雑賀衆の頭領・雑賀孫市なのです。雑賀衆の本拠地はこの和歌山市駅周辺だったんだそうですよ。

和歌山県というと紀州藩、つまり江戸時代の紀州が有名で、街おこしをするなら紀州藩にスポットを当てるのが普通に思えますが、作家の神坂次郎も「紀州は徳川以前が面白い」と語っていたそうで、それ以前の歴史を街おこしの題材にするという視点がいいですね。
| 歴史の人物の話題 | 18:17 | comments(1) | trackbacks(0) |
3月28日には第6回『孫一まつり』がありますよー。
雑賀衆の鉄砲演舞はすてきです。
http://magoichi.fc2web.com/
| yokkie | 2010/03/27 10:39 PM |









http://blog.timestage.net/trackback/1366783