Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
OTHERS
Timestageのメンバーが、歴史にまつわる雑談を気まぐれに語っていくブログ。
<< ヨーロッパの「ホテル王」、セザール・リッツ | main | 生品神社の像が盗まれた!名将・新田義貞 >>
プラド美術館も候補の一つ、「世界三大美術館」
弘中勝です。

スペインのマドリードに来ているのですが、マドリードの中でも特に人気のある名所・プラド美術館にも行ってきました。ゴヤの『裸のマヤ』など有名な作品には人だかりができていました。ちなみにピカソの有名な作品『ゲルニカ』はかつてはプラド美術館に所蔵されていましたが、今はここにはなく、徒歩圏内にあるソフィア王妃芸術センターにあります。



さて、プラド美術館を「世界三大美術館」の中に挙げる人とそうでない人がいます。というのも、世界三大美術館という明確な定義はなく、人によって言うことがまちまちで、その候補もパリのルーブル美術館、ロンドンの大英博物館、ニューヨークのメトロポリタン美術館、サンクトペテルブルグのエルミタージュ美術館などいろいろなものが候補に挙げられています。

人によっての定義は「規模によるもの」なのか「有名作品の所蔵数によるもの」なのかなどが異なるためです。「所蔵作品の素晴らしさ」で定義する人は、ルーブル美術館・プラド美術館・エルミタージュ美術館を挙げるようですよ。あなたの好きな美術館はどこですか?
| 歴史の場所の話題 | 22:58 | comments(1) | trackbacks(0) |
近くプラド美術館に行くことになりました。
文中、館内撮影についてはふれられていませんが可否についてお尋ねします。因みにパリのルーブル美術館ではOKでロンドンのナショナルミュージアムとブラッセルの王立美術館では撮影が禁止されていました。
| マッキー | 2012/11/01 11:14 AM |









http://blog.timestage.net/trackback/1356401