Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
OTHERS
Timestageのメンバーが、歴史にまつわる雑談を気まぐれに語っていくブログ。
<< フランスの国際空港に名を残す、シャルル・ド・ゴール | main | NHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』、主演女優が決定 >>
マヨール広場に建つ騎馬姿・フェリペ3世
弘中勝です。

現在、スペインの首都マドリードに来ています。スペインと言えばかつて世界の中で最も栄えていたという歴史を持つ国。今でもその街並みには歴史の面影が色濃く残っています。

さて、マドリードの中にもいろいろと観光名所がありますが、代表的な場所の一つとして取り上げられるのが、マヨール広場



かつては商業の中心だったというこのマヨール広場。中央に騎馬像が建っていますが、これはフェリペ3世です。スペインの世界的絶頂期を築き上げた先代王・フェリペ2世の息子にあたります。病弱で政治にあまり関与できなかったので「怠惰王」と呼ばれ、彼の御世からスペインの凋落が始まったとされています。

では、どうしてマヨール広場にはスペインの大英雄であるフェリペ2世ではなく、凋落の原因であるフェリペ3世の銅像が建っているのかというと、マヨール広場が建設されたのがフェリペ3世の時代だったから、ということです。
| 歴史の人物の話題 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.timestage.net/trackback/1356390