Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
OTHERS
Timestageのメンバーが、歴史にまつわる雑談を気まぐれに語っていくブログ。
<< 雑賀孫市と鶴姫がしゃべる『戦国BASARA3』ラジオ | main | 武田信玄の銘菓と、武田勝頼の銘菓 >>
日本は2月11日の「建国記念の日」に建国したの?
弘中勝です。

本日2月11日は建国記念の日です。祝日ですね。国民の祝日に関する法律では、「建国をしのび、国を愛する心を養う。」と規定されてあるのですが、そう言われると「日本って2月11日に建国されたの?」と不思議に思う人も多いのでは。



どうして2月11日が「建国記念の日」なのかというと、この日はかつて紀元節という祭日で、初代天皇である神武天皇の即位を祝う祭日だったのです。

でも、「2月11日に神武天皇が即位したなんて、誰が見たんか?」という学術上の意見が多く、建国の日とは言えないのではないかということで新憲法下ではなかなか祝日制定が難航しませんでした。そこで、「じゃあ『建国記念日』じゃなくて『建国記念の日』って言えばいいじゃないか」ということになったわけです。「の」の1文字が入ることで、「建国の日」ではなく「建国ってことを記念する日」という解釈になったということですね。

そんなわけで1966年に「建国記念の日」ができたのです。ということで、今日は「建国を記念しようぜ」という意味なので「建国記念の日」であって、「建国記念日」と表わすのは誤りなんだそうです。
| 歴史の事件・文化の話題 | 13:37 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.timestage.net/trackback/1350745