Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
OTHERS
Timestageのメンバーが、歴史にまつわる雑談を気まぐれに語っていくブログ。
<< 『ケータイ国盗り合戦』で沖縄の3称号をゲットだ! | main | 群馬県の2月は「上毛かるた」のバトル月間 >>
恵方巻のブームだけど、「恵方」って何だ
弘中勝です。

かつては節分と言えば豆まきでしたが、いつのまにか恵方巻がブームになっています。

今年の恵方に向かって無言で恵方巻を食べる、というこの風習。もともと関西にあった風習でいったん廃れたものの、寿司業界や海苔業界が仕掛け、コンビニエンスストアが火付け役となって近年急激に広まっていきました。今ではロールケーキやらトルティーヤやらロールサンド、全然関係ない長細い食べ物が便乗してきていますね。

恵方巻を食べる時に向く方角である「恵方」は毎年変わります。今年は西南西だったようです。どうやってその年の恵方が決まるかと言うと、十干から説明していろいろ面倒なので、Wikipediaの記事へと飛ばしてみる。



十干を基にしているから、16方位とは若干ずれていて「西南西からやや東側」というのが正しいらしいのですが、そこはもう「西南西を向こう!」というPOPのほうが分かりやすいですね。恵方は毎年変わるといっても、結局は甲・庚・丙・壬の4方向しかないようですよ。分からなくなったら1本ずつ4方向に食べていけば4本で済みますね。(食べすぎ)
| 歴史の事件・文化の話題 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.timestage.net/trackback/1349138