Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
OTHERS
Timestageのメンバーが、歴史にまつわる雑談を気まぐれに語っていくブログ。
<< 「ケータイ国盗り合戦」の「龍馬の足跡をゆく」にチャレンジ! | main | チョコ商戦を戦う!メリーチョコレートの「つわもの」 >>
徳川と真田の架け橋、稲姫こと小松姫
弘中勝です。

Wiiの戦国無双3をプレイ中なのですが、女性キャラクターである稲姫をクリアしました。

稲姫は歴史的には小松姫の名前で有名で、徳川家の名将・本多忠勝の娘で、信濃松代藩の初代藩主となる真田信之の妻です。真田信之は真田昌幸の長男で真田幸村の兄。徳川軍と真田軍の友好の証としての結婚とされていますが、名妻ぶりが有名です。稲姫の墓は上田の芳泉寺にあります。



さて、『戦国無双』シリーズでは、結婚後に義理の弟となる真田幸村が中心的主人公、父である本多忠勝が最強キャラなので、稲姫は『戦国無双3』でも重要な位置づけになっています。

三方ヶ原の戦いで刃を交えた徳川軍旗下の稲姫と武田軍旗下の真田幸村。上田城の戦いの後に稲姫が真田信之と結婚することで稲姫と幸村は義理の姉弟になりますが、沼田城の戦いで敵味方に別れ、大阪城での大阪の陣で最後の対決をする…、という運命の絡み合いが描かれています。なかなかドラマチックに描かれていますよ。


これは、稲姫が初登場した『戦国無双 猛将伝』。『戦国無双』シリーズの稲姫は、小池栄子っぽいと思う。
| 歴史の人物の話題 | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.timestage.net/trackback/1345348