Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
OTHERS
Timestageのメンバーが、歴史にまつわる雑談を気まぐれに語っていくブログ。
<< 消えゆく偉人輩出の町、愛知県美和町 | main | 鹿児島県の丸武産業、東京丸の内へ出陣! >>
佐賀藩鍋島焼と秀麗先生のコラボレーション
弘中勝です。

Timestageのメンバーでもある書道家の成澤秀麗先生が、新宿の京王プラザホテルで個展『秀麗展』を開かれているので、行ってきましたよ。京王プラザホテルはギャラリー室だけではなくロビーのあちらこちらにも展示スペースがあるため、かなり壮大な展開になっています。



書家の個展というと額縁や掛け軸ばかりが並んでいるイメージがありますが、今回の『秀麗展』では秀麗先生が様々な創作物にチャレンジしていて見どころ多し。その一つが、鍋島焼に書き付けられた書。

鍋島焼というのは、鍋島直茂に始まる鍋島氏が藩主を務めた肥前国佐賀藩の直営する窯で造られた高級磁器のことです。肥前には全国的に有田焼・伊万里焼といった全国的に有名な陶磁器があることが知られていますが、藩直営である大川内山の窯で造られたものしか鍋島焼とは呼ばれず、九州出身の私には、有田焼・伊万里焼とは一線を画した格式を持つ磁器というイメージがあります。

昨年に秀麗先生から九州に行くことは聞いていたのですが、まさかこういう創作をされていたとはっ。秀麗先生の文字が吹き込まれて、それぞれが季節を感じさせる造りになっている鍋島焼を、ぜひ見に行ってみては。書の可能性の広さを大いに実感できます。

ちなみに今回の『秀麗展』は1月19日までだそうです。秀麗先生の描かれたケータイ待受画面がダウンロードできたり、日によっては書初めができたりします。京王プラザホテルはJR新宿駅から徒歩で行けますよ。
| 歴史の事件・文化の話題 | 23:21 | comments(1) | trackbacks(0) |
弘中さん、先日はご来場ありがとうございました!個展や鍋島藩のご紹介もありがとうございます。由緒ある場所で創作ができたことはとても光栄でしたよ!
| 成澤秀麗 | 2010/01/16 9:12 AM |









http://blog.timestage.net/trackback/1338428