Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
OTHERS
Timestageのメンバーが、歴史にまつわる雑談を気まぐれに語っていくブログ。
<< 1月6日はガレット・デ・ロワを食べよう | main | 『遊歩計 天下統一』にチャレンジ!(2) >>
1月7日は七草がゆを食べよう。
弘中勝です。

1月6日がガレット・デ・ロワなら、1月7日は七草なので、七草がゆを食べなければいけません。

七草がゆに入れるものはいわゆる春の七草。せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろの3つです。とは言ってもこれらはかつての呼び名で、例えばすずなは今で言うカブ、すずしろは今でいうダイコンという風に、その呼び名では手に入らないことが多く、ほとけのざ(コオニタビラコ)なんてすぐに手に入りません。ただ、最近は1月7日にはよく「七草セット」が売られていて、まとめ買いすることができます。



これら春の七草を入れたのが「七草がゆ」ですが、どうしてこれを1月7日に食べるかというと、おせち料理やお雑煮などで正月休みの間に疲れた胃腸にやさしく、そして野菜が不足する冬の季節にその栄養素を補給する、という健康的な意味合いがあります。だから、「質素だから肉とかカニとか入れちゃえ!」と豪華な雑炊にしたがる人は間違いだったりするのです。

ちなみに、七草がゆを食べるのには、邪気を払って万病から身を守るという意味合いもありますから、一年の健康を願って家族みんなで食べたいですね。
| 歴史の事件・文化の話題 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.timestage.net/trackback/1336662