Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
OTHERS
Timestageのメンバーが、歴史にまつわる雑談を気まぐれに語っていくブログ。
<< シェイクスピアの『ヘンリー六世』が、埼玉県にて上演 | main | 伊達軍好きの目にはどう映る?「仙台藩家臣団トランプ」 >>
仙石秀久ゆかりの名城・長野県の小諸城
弘中勝です。

今年の6月に、長野県小諸市にある小諸城址に行ってきたのですが、歴史ファンにはとても人気の高い城跡みたいですね。



かつては武田信玄の領土であった小諸。戸次川の戦いで失態を犯して追放されていた仙石秀久が、小田原城攻めでの功労によって5万石の大名として小諸城に入城し、小諸藩の基礎を築きました。

現在は城内は懐古園という公園になっており、大手門などは国の重要文化財に指定されています。周囲の土地よりも低い場所に作られているという珍しい造りの小諸城は、現在は「日本100名城」の一つに数えられ、お城ファンからもとても人気が高まっています。小諸と言えば小諸そばが有名ですが、ご興味のある方はお蕎麦と一緒にいかがでしょう。

| 歴史の場所の話題 | 02:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
仙石秀久は波乱万丈の武将だ。「無」を極めたのも面白い。
| 仙石秀久 | 2010/08/11 4:24 PM |
「無」の旗を掲げ大名に返り咲いた男。なかなか評価してもよい武将ではないか?九州で負ける」以外には良い戦をしたりしている。祈りアーメン
| 天池治彦 | 2010/08/11 4:26 PM |









http://blog.timestage.net/trackback/1308752