Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
OTHERS
Timestageのメンバーが、歴史にまつわる雑談を気まぐれに語っていくブログ。
<< 京都伏見の「十石舟」がかなり人気の様子 | main | 仙石秀久ゆかりの名城・長野県の小諸城 >>
シェイクスピアの『ヘンリー六世』が、埼玉県にて上演
弘中勝です。

埼玉県の彩の国さいたま芸術劇場で来年3月、シェイクスピアの名作『ヘンリー六世』が、開館15周年記念公演として蜷川幸雄演出により上演されるんだそうですよ。主演は、長らく演劇集団キャラメルボックスで活躍され、NHK大河ドラマ『功名が辻』で主役・山内一豊を演じた名優、上川隆也



ヘンリー6世はランカスター王朝のイングランド王で、一時期はフランス王も兼ねた人物。博愛心を持ちながら、百年戦争、薔薇戦争などイギリスの激動期に直面し、その時代の流れに巻き込まれて激動の人生を歩むことになります。ランカスター家とヨーク家の対立による薔薇戦争(バラ戦争)の発端となったのもヘンリー6世と周囲の王家の話を、シェイクスピアは壮大な四部作に仕上げました。蜷川版『ヘンリー六世』では、どのような描かれ方なのでしょうか。



あ。キャラメルボックスと言えば、劇団所属の大内厚雄さんが、今週から始まった東海テレビの昼ドラ『Xmasの奇蹟』にレギュラー出演してます。
| 歴史の作品の話題 | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.timestage.net/trackback/1308507