Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
OTHERS
Timestageのメンバーが、歴史にまつわる雑談を気まぐれに語っていくブログ。
<< KBC『九州街道ものがたり』 | main | なぜか「東京国際アニメフェア2009」に >>
第3回「歴史ビジネスライブ」
弘中です。昨日3月18日、代々木ビジネスセンターにて第3回『歴史ビジネスライブ』を開催しました。

今回のテーマは「九州戦国記に学ぶ、小が大に勝つ経営発想源」。九州地方の戦国時代の動乱にスポットを当てるという、あまりにもマニアックなテーマにもかかわらず、50名以上のご来場を頂きました。本当にありがとうございます。


第一幕はいつもの「オープニングトーク」。第二幕は山田真哉さんの「九州地名伝」。九州を県ではなく旧国で見てみると、九州の経済や文化の中に新しい発見がいろいろとあるものですねー。そういえば「肥前」とか、どうして「肥という漢字なんだろう?」とずっと疑問に思ってました。

第三幕は「10分で分かる九州戦国記」。毎回恒例の「10分で分かるシリーズ」は、実は簡単に準備しようという思惑から始まったのに、でも始めると凝りたくなってきてだんだん豪華になっているという変なパートです。好評で何より。


第四幕は「小が大に勝つ経営発想源」。佐嘉城包囲戦(今山の戦い)、高城川・耳川の戦い、沖田畷の戦い、岩屋城の戦い、戸次川の戦いなど、九州戦国時代のいろいろな戦いから見ることができる「小が大に勝つ」または「大が小に負けない」ためのポイントを、いろいろとご紹介しました。

第五幕は、弘中勝の「九州に見るPR発想源」。九州出身の私が、九州のいろいろな「九州なのに全国に負けない」というPRの成功事例を紹介し、そのポイントがどこにあるのかをご紹介。「明らかに自分の故郷(門司港)の話が長い」と指摘されました。すみません、意図的です。門司港大好き。


そして第六幕は、受講者が主役のビジネスワーク。お題に対してグループでアイデアを持ち寄り、企画を創り上げていきます。あまりに制限の多い難しい条件のお題にもかかわらず、予想もしなかったような面白いアイデア、たくさん出てきました。優秀なアイデアを出したチームには、山田賞、弘中賞、そして大賞ということで賞品を進呈。喜んで頂けました。

終了後のアンケートも、概ね好評を頂いておりまして、とても嬉しいです。私たちも、とっても楽しかったです。次のテーマはまだ決まっていませんが、次回もまた経営やマーケティングに役立つ「歴史ビジネスライブ」をお届けしたいと思います。ご来場下さった皆さん、本当にありがとうございました!
| Timestageの話題 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.timestage.net/trackback/1147501